2006年09月18日

例の件について。

今までこの一件について自分から何か書くようなことはしませんでしたが、
別に自分だけ関係ない顔して避けてるわけでもないんで、少し思うことを書きたいと思います。
Aとはリアルの関係もあって、2人の間にいるみんなとはまた少し違う特別な位置になるので、
そこにいる俺はこういうこと思ってますよ程度のもので読んでくれると嬉しいです。
そういう関係から意見するのは難しいだろうと思われるでしょうが、
今は直接会って話すような機会もないので、より客観的な意見になっていると思います。
まぁ何故今まで書かなかったのかと言えば、思ってたことほとんど言ってくれた人がいたもんでw


色々と話を聞いたりブログ回って読んだりしてると、
直接話し合って解決したとちらっと目にしたので、
今更掘り返して言うのもなんだと思ったのですが・・・。
何故今更こんなことを書くかというと、解決したと言っても
Bは不満を持って解決に至ったのではないかと思うからです。
AとBが直接会って話し合ったとき、どのような話がされたかは詳しくはわかりません。
しかし、自分がBに会って話を聞いたとき、
自分に非があると認めた上で、Bは必要以上に自分自身を責めていると感じ取れました。
そのときBが話したように、Bに非があるとすれば、
例の過去の記事、今回の一件の発端の一部となった最近の記事の2点。
これ以上聞いてないし、Aに聞いても嘘つきの一点張りなので。
前者はすでに謝罪済みであり、これは両者納得して解決したようなので問題ないと思います。
まぁこの件で責めるとすれば、再び掘り返したAの方でしょうか。
謝罪したのにまた同じようなことを繰り返したから、というAの言い分もわかりますけどね。
言葉は荒いですが、
「またこんなことしたのかコイツ、ほんまによーわからんヤツや」
と思う程度で済ましていいんじゃないでしょうか。
まぁそれが出来ないくらいブチ切れたんだとは思うんですが。
何が言いたいのかというと、嫌いなら自分から接することはないということです。
別に陰口言ったっていいじゃないですか。
それを自分のブログで不特定多数の人間(その多くは自分の友達であり、味方)に告発することで何を求めているのか、
俺にはわかりません。
「お前、性格悪いからなおせよ。」
ってことなのでしょうか。
それに今回自分からこの騒動を起こすことで、周りを巻き込むことは十分わかっていたと思います。
それを承知で起こしたのなら、自分が消えることで解決しようとするのは少し無責任じゃないでしょうか。
「自分の不満をブチ撒けて、スッキリしたら批判されないように逃げた。」と思う人も少なからずいると思いますよ。

その日にAとも話をしたんですが、肝心なところは聞けませんでしたね。
嘘つきでとりあえずムカツク的な発言をしていたので、最新のあの記事で言えばどこが嘘なのかと聞いてみると、
「全部。ブログすら開きたくないから。」
と返ってきました。
これじゃあ誰にも納得してもらえませんよ。
俺にはわかってくれなくていいと思っているのか、
むしろ話さなくてもわかってくれると思ってるのかもしれませんが。
わかるわけないですよね。だからこうやって本人に聞いたんですし。
一方的に悪としていると思われている今、
こういうことをすると自分を苦しめるだけと思うんですけどねぇ。
根拠なしに言ってる場合もありえるのかもしれませんが、まぁそれはないと信じたいですね。
これはしぇいにーちゃんも言ってたことですが、
Aサイドは自分のしたことを隠してBを一方的に悪としていましたね。
まぁこのことを問えば、嘘つきと言ったこととは関係ないと返ってくると思いますが、
急に彼らの態度が変わったのは、その時期からであるのは明白ですよ。
まぁその時期に俺も見ているので、自分に非がないとは言えませんが。
ただ、純粋に信用していた友だからこそ、しぇいにーちゃんの裏切られたショックは大きいと思います。

今回の件は当事者で解決したからといって、済ましていいものじゃないように思います。
周りのみんなは納得できていないんじゃないでしょうか。
現にAのブログを覗いてみると、「話が読めないんだけど」「何があったかわからないけど」
という言葉を目にします。
これについてAは、ブログ上でなんの説明も行っていませんよね。
そこも釈然としないというか、納得できないというか。
そして、A→Bを悪と決め付けている。
記事は全てが嘘だと言い切り、その根拠を話してもくれない。
そのことも理解に苦しむ点ではあります。
保守的にこれで解決したとすれば事は収まるでしょうが、
俺は必ずしもそれが一番とは思いません。
しかしこのままではAは自分の非を認めていない、
むしろ、自分が一体何をしたんだとさえ思ってるかもしれません。
これではとても今後の為になるとは思えません。
Bとしても、このまま引き下がっても
ひたすら自分を責めてしまうだけじゃないでしょうか。
もう一回ぶつかり合えとは言いませんが、
もう少しお互いの悪かったところをハッキリさせる必要があるように思います。
ましてや一方は全く悪く思ってない可能性がありますし・・・。


まぁリアルでの関係を保持したい気持ちは当然ありますよ。友達ですから。
でも、それにヒビが入るかもしれないことを踏まえた上でも、
今回のAの言動には首をかしげる部分が多すぎると思ったので、こうやって書かせてもらいました。




あ、全く関係のないことですが、昨日の台風直撃で庭にあるキウイの棚が崩壊しました○| ̄|_
支えの柱が折れて、今窓から見える景色は緑の葉っぱのみです(´ω`)
posted by ウェアン at 21:19| Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まずは言わせてください…
巻き込んでしまってごめんなさい。

自分が原因の発端を作ったのは十分に分かってます。
書かれている中にありますが
『謝罪したのにまた同じようなことを繰り返したから』が原因と言われましたしね。

当事者で話すことが出来たときに、あの人はどこまで知っているか、どのように聞いているのかを聞きたいと思っていましたけど、間に入って嫌な思いまでしてくれた方が直接、聞いてきてくれた内容と違う事が初っ端から出てくるものですから、その辺が、「話が読めないんだけど」「何があったかわからないけど」なんだと思い追求しませんでした。
嫌な思いをさせてしまったその方には本当にどう謝ればいいかわかりませんが…。

そういう経緯で俺もまだ知らないことがありますが、
ブログでの問題だけを見ると俺に最初の非があり、そして批判対象の方以外は、片方は私のブログコメントで、もう片方の方は自分のブログ上で同様の事を報復行動とした事がありますので、まず最初の非がある私が批判対象としてしまった方への謝罪することで、両者がこれ以上干渉しないという結論をつけて決着をつけました。

後で分かった俺の写真を何人かに送っている事を知って納得できないのが本心ではあります。
ですが、既に話し合いをして干渉しないとしたのですから、個人情報保護法違反ですが終わりにしなければいけません。
またそれについて文句を言うよりも、周りの方々に楽しい時間が戻る事を祈って俺が我慢すればいいだけですからね。

まぁ…本気で全ての写真を消して欲しいのはあるのですけど^^;

批判をした自分は子供で幼稚だったのでしょうけど
最後は大人として背負うところは背負ったつもりです。

最後になりますが、俺の写真をもし貰っていたなら消してください…。

長々と失礼しました。
またいつか会えることを楽しみにしています。

Posted by ばるむく at 2006年09月19日 00:00
やっぱり納得できない部分多いんだね・・・。

写メの件だけど、るあんのトコではNが最初っぽいこと書いてあったけど、
それってどうやってばるさんだと断定して回したモノなんだろ?
その入手手段が真っ当なものであったとしてもなかったとしても、
個人情報保護法違反もそうだけど、ぶっちゃけ、
名誉毀損で勝てるよ?
押し黙って堪えることが男らしさだって人もいるかもしれないけど、
私は、許せないって心から思うなら、とことん叩いてやればいいと思う。
モメてるなら俺が証言するぜ、みたいな感じでノコノコ出てきて、ただの野次馬にしか見えないし。
ぶっちゃけ何様って思う。そりゃ、昔は仲良かったんだろうけどさ・・・。

もし真剣に検討するなら力貸すよ。そのときはウチにコメントくれれば反応するから、ねっ。
Posted by 水優 at 2006年09月19日 01:41
>バルムクさん
謝ることなんてないよ。自分は巻き込まれたとも思ってないし、迷惑だなとも思ってない。
まぁバルムクさんはこう言っても聞かない性格なのはわかってます・・・w
気になっていた当事者間の話し合いだけど、やっぱ想像していた通りだったかな^^;
確かに今回の件はバルムクさんがブログに書いたことが発端かもしれない。でも問題はそこだけじゃないよね?そこだけの話し合いに意味はあったのかな?反省しているバルムクさんに追い討ちをかける為に集まったとも思えるんだけどな・・・。
ごめん、これは今更俺がどうこう言うことじゃないよね^^;

>またそれについて文句を言うよりも、周りの方々に楽しい時間が戻る事を祈って俺が我慢すればいいだけですからね。
話し合って干渉しないと決めたからって書いてあるけど、俺はこれは別の問題だと思うな。十分文句言える立場だと思うし、ブチ切れてもいい状況だと思う。でもそれを自分が我慢すればって考えて行動に移さないバルムクさんはオトナなんだなぁと感心してるよ。
でも、自分を守るために時には怒ることも必要だからね?・・・俺なんかが言うことじゃないのはわかってます(´ω`)

あ、「話が読めないんだけど」「何があったかわからないけど」のところを、俺を含めた2人の間にいる人がそう思ってると解釈したかもしれないけど、俺が文中で書いたのは、Aのブログにコメントしている「話が読めないけど、戻ってくるの待ってるからね!」とかコメントした友達のことを言ったんだ^^;わかりにくてごめんなさい(´ω`)

写真だけど、もう削除してあるのでご安心を。あの頃からケータイも変わったしねw
Posted by うぇあん at 2006年09月19日 02:05
>みゅうちゃん
思いっきりバルムクさん宛てのメッセージなのはするーしてあげよう(´ω`)
みゅうちゃんの言うことはちょっと飛び抜けてるけど、まさにその通りだと思うよ。

↑と少しかぶるけど、バルムクさんも言い返しちゃいけないことないんだからね?そこは俺も少し考えてもいいんじゃないかと思います。
Posted by うぇあん at 2006年09月19日 02:21
俺はこうなった今でもA個人のことは信用しているし
100%信頼のおける人間だと思ってます。
写メのことはもらっていたことは知っていたけど、
バルムクさんに無断で、しかも
それを他の人にまで送っていたとは思いませんでした。
でも元々あいつの性格からして
調子に乗って感情的になってやりすぎるところはあるから、
バルムクさん本人が許していいなら、
徹底的に糾弾するまでに
少し時間を与えてあげて欲しいと思います。
少なくともA個人は
根拠のない理屈を振りかざして
人を傷つける人間じゃないと私は信じているので。

私の推測・・というか願いに近いですが、
A自身も、自分が思い込んだものが違ってた可能性と
感情的になって無茶をやってしまったことに
対して冷静に考えているところだと思います。

でもきっとあいつには間違ったことをしてでも
守りたい友達があったから、
ああいう形をとったんだと思います。
バルムクさんを悪と決め付けなければ
またその友達がいなくなってしまうかもしれない。
それを何としても止めたかったんじゃないかなって。
だからブログの閉鎖も友録の削除も
決してA自身の保身のためじゃないと
私は信じています。
今回のことは根本の部分では
不誠実なものじゃなかったと。

だからといって許されるわけではないけれども、
せめてウェンさんはAの人間性の部分を
信じてあげて欲しいと思う。
今回の行為自体は許せないとしてもね。

書いてたら遅くなった(; ̄ー ̄川 アセアセ
連休明けちゃんと起きれるかな;
ってことで寝ますw
Posted by 狼心法師カイ at 2006年09月19日 02:53
>カイさん
んー、確かに彼の性格からして、一時的な感情に左右されてやったってこともあるかもしれない。
そして、時間を与えることで、自分のしたことを見つめなおし、反省することが大切だと思ってる。
ただ、こういう立場にある俺だからこそ、敢えて記事に記すことによって、自分のしたことを再確認し、これを機に行動に移してくれることを願って書きました。
今でも、彼はとても許されるべきではない行為をしたと思ってる。
確かに大切な友達を傷つけられて、ホントに嫌な気持ちになったと思うよ。そして決してただの悪意からじゃないことは俺も信じたい。
ただ、わかって欲しかったのは、「友達を守るためなら、誰かを犠牲にしてもいいのか」ってこと。そんなこといけないとわかっててやったのかもしれない。でも、その行為が1人の人間をトラウマになるほど追い詰めたのも事実。ここはやっぱりよく反省して欲しいなと思うんだ。
だから、今の俺には彼を100%信頼しろと言われても無理です。立ち直って欲しいと言う気持ちはあるけど、それ以前に、こういう行為をしたことが考えられないって部分があるからかな。

Posted by うぇあん at 2006年09月19日 16:33
あなたはかっこいい文章をかこうとしているだけで本当に友達のことは思っていないようにおもえる。
Posted by x at 2006年09月21日 16:04
>xさん
格好のいい文章を書こうなんて少しも思ってませんよ。
しかし、確かにこのような文章を書くと、xさんの様に不快に思う方もいらっしゃいますよね。
そこは私も反省しています。


この件については、少し時間を置いてお互いに考えるモノがあったのかな?
ブログにコメントしているBさんを見て、少し余裕が出てきたんじゃないかなと思いました。
あ、いい意味でですよ(´ω`)前は黙って見てられないほどの状況だったので・・・。
なので私の方からもこのことに触れるのはやめておきますね。今はそれが一番だと思ってます。
Posted by うぇあん at 2006年09月24日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。