2006年09月18日

例の件について。

今までこの一件について自分から何か書くようなことはしませんでしたが、
別に自分だけ関係ない顔して避けてるわけでもないんで、少し思うことを書きたいと思います。
Aとはリアルの関係もあって、2人の間にいるみんなとはまた少し違う特別な位置になるので、
そこにいる俺はこういうこと思ってますよ程度のもので読んでくれると嬉しいです。
そういう関係から意見するのは難しいだろうと思われるでしょうが、
今は直接会って話すような機会もないので、より客観的な意見になっていると思います。
まぁ何故今まで書かなかったのかと言えば、思ってたことほとんど言ってくれた人がいたもんでw


色々と話を聞いたりブログ回って読んだりしてると、
直接話し合って解決したとちらっと目にしたので、
今更掘り返して言うのもなんだと思ったのですが・・・。
何故今更こんなことを書くかというと、解決したと言っても
Bは不満を持って解決に至ったのではないかと思うからです。
AとBが直接会って話し合ったとき、どのような話がされたかは詳しくはわかりません。
しかし、自分がBに会って話を聞いたとき、
自分に非があると認めた上で、Bは必要以上に自分自身を責めていると感じ取れました。
そのときBが話したように、Bに非があるとすれば、
例の過去の記事、今回の一件の発端の一部となった最近の記事の2点。
これ以上聞いてないし、Aに聞いても嘘つきの一点張りなので。
前者はすでに謝罪済みであり、これは両者納得して解決したようなので問題ないと思います。
まぁこの件で責めるとすれば、再び掘り返したAの方でしょうか。
謝罪したのにまた同じようなことを繰り返したから、というAの言い分もわかりますけどね。
言葉は荒いですが、
「またこんなことしたのかコイツ、ほんまによーわからんヤツや」
と思う程度で済ましていいんじゃないでしょうか。
まぁそれが出来ないくらいブチ切れたんだとは思うんですが。
何が言いたいのかというと、嫌いなら自分から接することはないということです。
別に陰口言ったっていいじゃないですか。
それを自分のブログで不特定多数の人間(その多くは自分の友達であり、味方)に告発することで何を求めているのか、
俺にはわかりません。
「お前、性格悪いからなおせよ。」
ってことなのでしょうか。
それに今回自分からこの騒動を起こすことで、周りを巻き込むことは十分わかっていたと思います。
それを承知で起こしたのなら、自分が消えることで解決しようとするのは少し無責任じゃないでしょうか。
「自分の不満をブチ撒けて、スッキリしたら批判されないように逃げた。」と思う人も少なからずいると思いますよ。

その日にAとも話をしたんですが、肝心なところは聞けませんでしたね。
嘘つきでとりあえずムカツク的な発言をしていたので、最新のあの記事で言えばどこが嘘なのかと聞いてみると、
「全部。ブログすら開きたくないから。」
と返ってきました。
これじゃあ誰にも納得してもらえませんよ。
俺にはわかってくれなくていいと思っているのか、
むしろ話さなくてもわかってくれると思ってるのかもしれませんが。
わかるわけないですよね。だからこうやって本人に聞いたんですし。
一方的に悪としていると思われている今、
こういうことをすると自分を苦しめるだけと思うんですけどねぇ。
根拠なしに言ってる場合もありえるのかもしれませんが、まぁそれはないと信じたいですね。
これはしぇいにーちゃんも言ってたことですが、
Aサイドは自分のしたことを隠してBを一方的に悪としていましたね。
まぁこのことを問えば、嘘つきと言ったこととは関係ないと返ってくると思いますが、
急に彼らの態度が変わったのは、その時期からであるのは明白ですよ。
まぁその時期に俺も見ているので、自分に非がないとは言えませんが。
ただ、純粋に信用していた友だからこそ、しぇいにーちゃんの裏切られたショックは大きいと思います。

今回の件は当事者で解決したからといって、済ましていいものじゃないように思います。
周りのみんなは納得できていないんじゃないでしょうか。
現にAのブログを覗いてみると、「話が読めないんだけど」「何があったかわからないけど」
という言葉を目にします。
これについてAは、ブログ上でなんの説明も行っていませんよね。
そこも釈然としないというか、納得できないというか。
そして、A→Bを悪と決め付けている。
記事は全てが嘘だと言い切り、その根拠を話してもくれない。
そのことも理解に苦しむ点ではあります。
保守的にこれで解決したとすれば事は収まるでしょうが、
俺は必ずしもそれが一番とは思いません。
しかしこのままではAは自分の非を認めていない、
むしろ、自分が一体何をしたんだとさえ思ってるかもしれません。
これではとても今後の為になるとは思えません。
Bとしても、このまま引き下がっても
ひたすら自分を責めてしまうだけじゃないでしょうか。
もう一回ぶつかり合えとは言いませんが、
もう少しお互いの悪かったところをハッキリさせる必要があるように思います。
ましてや一方は全く悪く思ってない可能性がありますし・・・。


まぁリアルでの関係を保持したい気持ちは当然ありますよ。友達ですから。
でも、それにヒビが入るかもしれないことを踏まえた上でも、
今回のAの言動には首をかしげる部分が多すぎると思ったので、こうやって書かせてもらいました。




あ、全く関係のないことですが、昨日の台風直撃で庭にあるキウイの棚が崩壊しました○| ̄|_
支えの柱が折れて、今窓から見える景色は緑の葉っぱのみです(´ω`)
posted by ウェアン at 21:19| Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。